Music Authors
f0187173_11512991.jpgShinichi Suda

スダ シンイチ



twothとして、2006年にpowershovelaudioからデビュー。現在までCDをコンピレーションを含め6枚リリース。楽曲提供、編集などで4枚リリース。共演者として、植野隆司(テニスコーツ)、竹久圏(KIRIHITO,GROUP)、福岡史朗、環ROY、イギリスのDirectorsound、イタリアのDJ Qbico(QBICO RECORDSのオーナー)など様々。JAZZ界の稀代のトランペッターFreddie Hubbard のアルバムに楽曲を提供するなど国内外を問わず活動をしている。

CD制作以外の活動として、NOZOMI ISHIGUROのコレクション音楽、YEAH RIGHT!!の毎シーズンの音楽、MUVEILの展示会の音楽などファッション関係の音楽を担当。

アニメーションや映像関係にも多数楽曲を提供しています。
財団法人日本ユニセフ協会とJ-WAVEの共同企画「Rosokun」アニメーションの音楽を担当。
国立新美術館にて開催の「TOKYO ANIMA!」のPVと会場の音楽を担当。
HAKUHODO UNIV.(博報堂大学)の福岡伸一さんの回に音源を提供。
藤田純平「seasons」「忘却星の公式」などのアニメーション作品に楽曲提供。
水江未来「TATAMP」「MODERN N° 2」などのアニメーション作品に楽曲提供。

最近では、水江未来監督のアニメーション『MODERN N° 2』が第68回ヴェネチア国際映画祭のオリゾンティ部門に選出されました。

現在、twothのセカンドアルバムを製作中です。2011年内には発売出来るかも!

twothの日記はコチラ
です。

_____________________________________________

f0187173_14552561.jpgTsukasa Shohgase

勝賀瀬 司



1982年福岡に生まれる。後、東京に移住。12歳からギターを始め、高校在学中よりジャズ/ロック/ポップス等の音楽を経て大学在学中より即興を中心に活動を取り組みはじめ、活動も音楽家だけに留まらずコンテンポラリーダンサーや針や布を用いた画家等との共演や、自主イベントの主催、その他にプロダクトデザイナーにサウンドの提供や某服飾学校のファッションショーの音楽等も務める。主に都内を中心に活動中。
《主な共演者》
平野公崇(wind)/藤村匠(ds)/北陽一郎(tp)/木村昌哉(s,sax)/勝間田佳子(a,sax)/川村信一(t,sax)/ガンジー浅原良一(b,sax)/花島直樹(b,cl)/有永道人(tuba)/河合拓始(pf)/林たかし(g)/徳久ウィリアム幸太郎(voiz)/片岡敬(tt)/佐賀優子(vo.p)/長沢哲(ds)/asuna/戸井安代(cl)/蓮沼執太/twoth(須田伸一)/Setopianics(菱垣貴史)/横山彰乃(dance)/市村朋子(paint)/村上巨樹(g)/坂井隆介(g)/谷保典(g)/千葉広樹(b)/philip gayle(fromアメリカ)/Iron Egg(fromシンガポール)/Pakchee/吉田祐介(b)/秋山徹次(g)/ashililera(vo)/hee(ds)

official homepage tsukasa-shohgase

_____________________________________________

f0187173_9392157.jpgTakashi Hishigaki

菱垣 貴史



1985年生まれ、徳島県出身、東京都在住。
色んな楽器や音の出るモノを使って演奏したり、音楽を作ったり、録音したりします。
2006年にsetopianics名義での1stアルバム“hinatano”をPower Shovel Audioから発表しました。現在は次回作の録音や、イギリス在住の音楽家、Directorsound(ニック・パーマーさん)との
コラボレーションアルバムの製作に取り組んでいます。最近は78回転盤に興味津々とか・・。

www.takashihishigaki.com

_____________________________________________

f0187173_1505679.jpgMotohashi Table

ソプラノサックス奏者。



こどもの頃にテレビで高校野球を見ていたら、グラウンドでプレイしている選手よりスタンドでラッパを吹いている応援団に興味を持ち、トランペットがやりたくなったが、地元の駅前のパチンコ屋が何ヶ月かごとに新装開店するたんびに店頭で盛大にプレイしているチンドン屋を幾度も目にした経験から、ラッパを吹くことなく、早くもサックスへの転向を決意。その後1991年からサックスを演奏し始めるが、使い方がよく分からないので悶々とする。大きく重たいサックス、小さく軽いサックス、どれをとっても、今でもよくわからない所が山ほどあり、悶々としている。悶々しっ放しだ。悶々とする間、エレキギター、フェンダーベース、ピアノ、フルートなどにもチャレンジするが、どれも身にならず挫折。演奏はヘタだが、マルチプレイヤーとして知られている、ということはない。そろそろラッパを吹きたいと思っている。ただ思っているだけ、とも言うことができる。

[PR]
by border_records | 2009-08-01 08:00
<< 30001 Order >>


その他のジャンル
BR tweet
ブログジャンル
画像一覧